岩のいわがき 鶴宝 について

名称

ネーミングの由来

 「神奈川県初の生食二枚貝の養殖、そして日本初の外洋養殖となることから、後世に残す真鶴の宝となるように願いを込めて『真鶴の宝』から『鶴宝』」と考案されました。
真鶴町と真鶴町岩沖岩牡蠣養殖事業推進協議会と連携し、『鶴宝』という名称が町民に親しまれ、また、真鶴町、神奈川県の新ブランドとして名を馳せることを目指して参ります。

岩牡蠣と真牡蠣の違いは?

種類

岩のいわがき 鶴宝

 日本人が大好きな牡蠣(カキ「イタボガキ科」)は英語で言うと「オイスター(oyster)」ですが、みんなが食べているカキは主に2種類あります。
冬牡蠣と言われる「真牡蠣」と夏牡蠣の「岩牡蠣」です。鶴宝は岩ガキを選びました。真牡蠣は養殖が盛んで、ヨーロッパではローマ時代、日本では室町時代から試行錯誤が繰り返されていたと言われています。

 牡蠣と言えば冬と思われがちですが、岩牡蠣は水温の高い夏場に最盛期を迎え出回ります。水深3~15mほどの深場に生息し、天然ものが多く、その名の通り真牡蠣に比べて殻が大きく分厚く、身も大きくなります。産地は、日本海側に集中しているのが特徴です。そして透明度が高く澄み切った海で水揚げされるなど、山から豊富な栄養が流れ込み、海水のとても綺麗な条件の整ったエリアで漁獲した岩牡蠣じゃないと生食ができない貴重な牡蠣が岩牡蠣です。その特徴に我々は目をつけました。

 真鶴の自然環境は、岩牡蠣に最適!?富士山から地下水が真鶴のお林を通り、真鶴湾へと流れ出て、海がすぐに深くなるどん深という地形とその海に集まるプランクトンなどの海の環境は、まさにかきにとって素敵な条件が揃っていると考えました。実際これまでの養殖実験を繰り返し、大きく健やかに育ってくれているカキを見て、確信に変わりました。美味しい牡蠣ができる海が真鶴にはある!!

PAGE TOP