岩のいわがき「鶴宝」名称決定 記者会見&授与式

イベント

岩ガキBASE|真鶴町岩沖岩牡蠣養殖推進協議会|真鶴の漁師たちの挑戦。
日本初の岩牡蠣の外洋養殖。神奈川県足柄下郡真鶴町の漁協・漁師・町役場・地元商工業者・地元飲食店がタッグを組み、日本初の岩ガキの外洋・外房での養殖に挑戦!島根県海士町との連携で、相模湾の海の恵みを活かした「岩のいわがき鶴宝」。2021年1月8日に「岩のいわがき鶴宝」の名称決定記者会見を開催いたしました。
令和3年度に本格出荷を迎える岩牡蠣について、令和2年8月末から9月18日までネーミングを募集したところ、県内はもちろんのこと、北は北海道から南は鹿児島県まで全国の方々から465件もの応募があり、真鶴町岩沖岩牡蠣養殖事業推進協議会のメンバーである漁業関係者の皆様で投票を行った結果、真鶴町在住の二見和幸(ふたみかずゆき)さんの応募作品である「鶴宝(かくほう)」に決定しました。
二見さんは「神奈川県初の生食二枚貝の養殖となることから、後世に残す真鶴の宝となるように願いを込めて『真鶴の宝』から『鶴宝』」と考案されました。
町は真鶴町岩沖岩牡蠣養殖事業推進協議会と連携し、『鶴宝』という名称が町民に親しまれ、また、真鶴町、神奈川県の新ブランドとして名を馳せることを目指します。

真鶴町のHPにも掲載されました!
当事業の詳細はこちら
YOUTUBEちゃんねるにもUP完了です(^^)
https://youtu.be/nS6fdupWbjQ

PAGE TOP