牡蠣(カキ)の美味しい食べ方

生カキ

夏の定番「生の岩牡蠣」

ツルンと口に入り、濃厚な汁が口の中に「ジュワッ」と溢れてきます。“生きていて良かった”と思えるひとときです。

縄文時代の貝塚から多出するほど、日本人に愛され続けてきている「牡蠣」。亜鉛、ミネラル、必須アミノ酸、カルシウムなど群を抜く栄養と、“海のミルク”“海のチーズ”と称されるクリーミーな味わい。カキの産地で海を眺めながら、水揚げされたばかりの牡蠣を家族や仲間内で囲って食するのは最高に楽しいものです。ぜひ真鶴にお越しいただき、この宝物の味に舌鼓を。

また、最近では通販でのご当地グルメのお取り寄せの需要が高まっています。鶴宝も通販の準備をしております。牡蠣のシーズンにこの真鶴の宝を家族みんなで、“生きていて良かった”と思えるように日々精進しております。

酒蒸し

カキの酒蒸し

カキが苦手な方でも、焼くのではなく殻付きのカキをそのままお酒で蒸せば食べられるという人は多くいます。だまされたと思って、ぜひお試しください。

漁師さんの食べ方で、一斗缶にお酒とカキを豪快に入れ、、船上で蒸し牡蠣にする豪快な食べ方。一斗缶が「ガンガン」と鳴るので「カキのガンガン焼き」と言われる料理も人気です。

酒を振りかけることで、匂いを抑える事ができ、ぷりぷり感がアップします。味も深みが出て、美味しく出来上がります。

フライ

岩牡蠣の特大カキフライ

子どももおじいちゃん、おばあちゃんもみんな大好きなカキフライです!

岩牡蠣に塩コショウで軽く味付けし、小麦粉をまぶし、卵をくぐらせパン粉をまぶして、170℃の油で揚げます。カキが揚がれば3分ほど置いて、1分ほど2度揚げするのがコツ。岩牡蠣は濃厚な汁が多いので、ベチャッとさせないためのテクニック。カラッと揚がり、食べごたえも十分です。驚くほど濃厚でクリーミィな味わいをカリッといただけます。

岩牡蠣の豊富な栄養で夏バテ防止にも期待できます。

アヒージョ

まねしたくなる!おうちでバル「カキのアヒージョ」

バルの定番、アヒージョ(にんにくオイル煮)を牡蠣でも美味しく♪牡蠣フライよりかんたん!ワインがすすみます!
オイルをパンにつけて食べるととっても美味しいです(*^_^*)
一緒に、マッシュルームや野菜や魚介類など、一緒に入れるもので、味が変身!?
簡単なのでぜひどうぞ!

PAGE TOP